薬剤師パートへの重要関門!面接成功のコツを身につけよう

薬剤師パート > 薬剤師パートで成功する面接のコツ

薬剤師パートで成功する面接のコツ

薬剤師バイトにチャレンジする場合に、必ずと言っていいほど通る必要がある面接。面接なしで採用になるというところは少なく、採用側もどのようなキャラクターであるかを判断する必要があるのです。だからこそ、働く側としては、薬剤師求人パートで盤石の態勢を整えることによって、スムーズな採用を目指して行動すべきなのです。

薬剤師バイトは、それなりの経験を有してからチャレンジするというケースが多いのも特徴です。つまり、前職の経験があるということが想定されます。このような場合には、前職の話題が必ず面接の中でも展開されるのです。

新たな職場でどのような活躍ができるかを期待する採用側としては、今まで働いていた環境での不平不満を聞いても何も得することはありません。つまり、面接で前職の悪口を言っても何も得はしないということを踏まえた話をする必要があるのです。

転職の理由を説明する際にも、人間関係のもつれなどのネガティブな表現ではなく、あくまでポジティブな表現で退職に至ったという経緯を説明するのが妥当です。あくまで自分のイメージに対するマイナスの要素が相手に伝わらないようなスタンスで臨む必要が発生するのです。

もしも面接前にコンサルトを受けたいというのであれば、インターネット環境があれば誰でも無料で登録することができる人材紹介会社のコンサルタントの利用も視野に入れるべきです。

どのような面接対応をすべきかの指導も受けることができるため、そつなく採用側に自分をアピールすることができるようになります。志望動機や面接で交わされる質問に対する回答についても、ある程度の場数を踏むことによって、柔軟な回答が導き出せるようになります。

これから意欲的に働きたいという意識を相手に伝え、志望した環境で薬剤師バイトが実現できるようになるためにも、第三者的な意見を聞くことができる資源は大いに活用すべきです。自分の考えのみで面接に臨まないというのが、薬剤師バイトの採用に対するコツになるのです。

薬剤師の転職先、精神科の特徴を知りたい

待遇条件が比較的良いことが多く、転職者にとっても気になる「精神科」での薬剤師求人。興味はありながらも、未知の世界に「大変そう」「どんなスキルが必要なのだろうか」と、求人応募に踏み切れない方もいると思います。

そこで、精神科での薬剤師に必要となる業務やスキルの特徴を紹介します。 精神科の薬剤師として働くには、精神科専門病院・クリニックへ勤務する方法と、そういった病院・クリニックの門前薬局へ勤務する方法があります。

精神科では他診療科に比べ薬剤に特殊性があり、副作用のリスクにもより注意が必要です。 さらに精神的疾患へのプライバシー配慮からも、「どの薬局でも処方OK」というわけではなく、院内薬局や、門前でも限られた薬局での処方が希望されています。

それを扱う薬剤師にも、精神科で処方する調剤に対してより特化した知識が必要とされます。「調剤薬局への勤務経験があるから大丈夫」と思っていても、初めて扱う薬剤が多いことに驚くこともあるでしょう。 知識とともに精神科の薬剤師が身につけたいのは、「コミュニケーションスキル」です。

扱うのが精神科という特性上、大きな不安を抱える患者さんや、自分の考えが強い方、物事の理解に時間が必要な方など、さまざまな患者さんがいます。

そんな患者さんへの服薬指導では、より分かりやすく、時間をかけて行う必要があることもあるでしょう。処方する薬剤が変更されたことに対して、疑問や反発を抱き、薬剤師にも強く当たられることがあるかもしれません。

そんなときでも理解を得られるように、患者さんの症状や性格に合わせた臨機応変な説明・対応が求められるのです。 患者さんが誤って薬剤の袋やヒートシールを飲んでしまった、という事故も聞かれます。ほかの診療科ではあまり考えられないようなことでも、予測し、予防することが必要です。

精神科の薬剤師になったなら、精神科薬剤へのより深い知識、コミュニケーション力、臨機応変に対処できる柔軟性を身につけることになります。 新しい医薬品情報を学ぶのが大変だったり、日々の応対に緊張するかもしれませんが、精神科の薬剤師として長く勤務している方もたくさん存在し、慣れれば働きやすい職場でもあることがわかります。

キャリアを積んでいけば、薬剤師のスキルアップ資格である「精神科専門薬剤師」の取得も可能になります。後の転職の際にもアピールポイントとすることができますね。 精神科の薬剤師に絞って転職情報を知りたい場合には、薬剤師専門の転職支援サイトで調べてみましょう。

薬剤師のクレーム対応、その実態は

接客業ではクレームの対応や苦情処理がつきものですが、患者さんを相手にする薬剤師業務にも、やはりそのような対応が含まれてきます。薬剤師の業務ではどんなクレーム対応があるのか、代表的なケースを見てみましょう。

薬剤師の勤務先の中でも、ドラッグストアは特にクレーム・苦情処理が多いと言われます。たくさんの医薬品を扱うことからお客さんの数が多く、「薬剤師の説明がわかりにくかった」「勧められた薬が効かなかった」といった苦情がよく聞かれます。

そのほかサプリメントや日用雑貨、化粧品まで幅広く扱うため、薬剤以外の商品についてのクレームにも対応しなければなりません。

院内薬局や調剤薬局でも、やはり多くの患者さんに接し、苦情を受ける機会が少なくありません。「服薬指導が分かりづらい」「対応が納得できない」といった内容のほか、たくさんの薬を扱うことから「薬の入れ間違い」といったトラブルも起こります。

人命に関わるためあってはならないトラブルであり、このようなクレームにはより慎重な対応が必要です。 理不尽なクレームや苦情により、薬剤師が精神的なダメージを受けて、仕事が辛くなってしまうケースもあります。こうして、「接客よりも薬剤知識やスキルをより生かせる職種へ転勤したい」と考える方は少なくありません。

調剤薬局は薬剤処方がメインであり、接客がメイン業務となるドラッグストアほど理不尽なクレームの件数は少ないと言えますが、転職で考えれば、やはり求人数が圧倒的に多く、転職もしやすいのはドラッグストアです。

調剤薬局併設のドラッグストアに勤務するという方法もありますが、それでも接客業務を避けることはできません。なかには訪問介護に携わる店舗もあり、在宅医療を受ける高齢者やその家族とのコミュニケーションスキルが必要とされます。

薬剤師が活躍する場は増加していますが、いずれにおいても、患者さんとの柔軟なコミュニケーション力が重要視される傾向があります。薬剤師としての専門性だけでなく、さまざまなクレームや苦情にもしっかりと対応できるに越したことはないのです。

どうしても接客や患者さんとのコミュニケーションが苦手、という薬剤師の方もいるでしょう。我慢して勤め続けることで、薬剤師自身が精神的に参ってしまっては困りますよね。

そのような場合、ドラッグストアや調剤薬局を避けて、より専門的な、接客が少ない職種への転職先を探してみましょう。 そういった薬剤師求人は数が少なく、逃さずに情報をキャッチすることが重要になります。薬剤師専門の転職サイトへ登録しておき、希望に合った求人が出たらすぐに応募できる準備をしておくのがおすすめです。