薬剤師が勤務する大手薬局と中小薬局の特徴

薬剤師の方が職場を選ぶ時、調剤薬局かドラッグストアを選択する人が大半です。薬局に就職しようと思った場合、大手チェーン店かそれとも中小規模の薬局にするかを選ばなければなりません。

大手の方が待遇が良さそうだとか、名前が知られている薬局がいいなどと、安易に決めてしまう人もいますが、就職してから後悔しないために、事前によく検討しておくことをおすすめします。

まず自分の好みとして大手がいいか小さな薬局がいいかがあることと思います。大きな組織に入って切磋琢磨したいという人と、小じんまりした所で落ち着いて働きたいという人がいると思います。

また大手チェーン店では薬剤師もたくさんかかえているので、教育の体制も整っています。これに対して小さな所では人の入れ替わりがあまり無いので、教育に関してもマニュアル化されていないことがあります。教育体制の整った所で働きたいなら、大手を選んだ方が良いでしょう。

それから大手薬局の特徴として、転勤があります。全国に店舗を構えているので、定期的に人事異動があったり、人員の少ない地域へ転勤を命じられることがあります。正社員であれば転勤は断れないと思った方がいいですから、転勤が困るという方はこうした所は避けた方が賢明です。

給与についても、大手だから優遇されていると思い込んでしまうと、こんなはずではなかったということになってしまいます。その日の通常業務が終了したあともチェーン店ならではの仕事があり、残業が避けられないということもあるのです。

中小薬局の場合はその店舗だけで業務が完結しますが、大手の場合はそうもいきません。調剤の仕事や薬の販売以外にも、いろいろな種類の仕事をする必要がある所が多いようです。

大手薬局にはもちろん知名度があることや給与が安定しているという大きなメリットもありますから、これまで述べてきたような事柄をあわせて総合的に判断すべきでしょう。就職や転職の際には細部までよく確認しておいた方が良さそうです。

ページの先頭へ