薬剤師と一口に言っても

薬剤師と一口に言っても行っている仕事は、『調剤』、『服薬』、『薬歴管理』に分かれ、医師の診断により作成された処方箋に基づいて薬を処方しています。

『調剤』とは、医師の診断により作成された処方箋に間違いが無いか(保険番号や重複投薬など)チェックを行った後に行われる業務で、実際に患者に処方される薬を『調剤』する仕事になります。『調剤』が終るとさっそく患者に薬を処方しますが、この業務を『服薬』と呼んでいます。

この時に処方される薬について患者に説明を行いますが、薬自体の説明や薬の処方の仕方などを具体的に説明を行っています。薬を患者に処方した後も薬剤師の仕事は終りません。処方を行った後は、処方された薬の履歴をつけて管理を行います。これが、『薬歴管理』という仕事です。

こういった履歴は、単に患者の薬の『履歴(服薬期間や量など)』をつけるばかりでなく、副作用やアレルギーなどが発生した状況を知る手掛かりとなるため、非常に重要な業務です。

一通り薬剤師の仕事を見ると、医師の処方箋を確認実行するだけのように思われるでしょうが、患者にとっては診断後に最後に関わる医療施設であり、医師の仕事を確実に実行しなければならない所であるので、責任の重い職業であるといえるでしょう。また、薬剤師と一口に言っても、勤務先は『薬局』ばかりではありません。

いわゆる『薬局』などは、医師の診断により作成された処方箋に基づいて薬を処方する医療施設などを指しますが、その他にもドラッグストアや製薬会社なども薬剤師の活躍の場となります。

ドラッグストアなどにおいては、一般用医薬品を正しく販売する業務に携わりますが、近年のドラッグストアではそういった薬を販売する為に薬剤師が駐在しなければならないので、ドラッグストアといっても薬剤師の仕事は重要な存在といえるでしょう。

製薬会社に勤める場合の薬剤師の仕事は、新薬などの研究開発を行う事が主な業務になります。そのため、薬学部などで研究を行ってた人材が重宝され、経験地が高い人などは大学の研究機関などでも活躍できる可能性があるでしょう。

いずれの職場で働くにせよ、薬剤師は現代人の生活には欠かせないものであり、その分責任も重い仕事であるといえます。薬剤師を志す人は、そういった社会的責任を十分に理解しておく事が重要です。

ページの先頭へ